one for all, all for one


         東北支部   「復興・絆 パーティ」 報告           三浦正光
 


    ◆ 期  日  3月16日(土)  午後4時から午後7時

   ◆ 場  所  国分町 「サウスロード」

   ◆ 参加者  13名 
スナップ写真にお名前と持ち歌を記載
   

      
◆ 開催にあたって

ちょうど2年前は大震災後で電気、水道、ガス、電話等のライフラインが寸断された時期でした。 あれから徐々に復旧、復興が進み何事も無かったような気になりますが、被災地ではまだまだ復興とは程遠い状況にあります。 この大震災を忘れず、風化させない為にもこの時期を思い出し、真摯に向き合ってまいりたいと思っております。

今回は「復興・絆パーティ」と銘打って前回ご協力いただきました国分町のスナック「サウスロード」を会場に例会を実施しました。 会員相互のコミュニケーションを図ると共に、さらに絆を深める事ができました。 会員及び会場オーナーの畑中氏に感謝申し上げます。

◆ 内容は・・・

東日本大震災で亡くなられた方々に対し黙祷を捧げました。 そしてカラオケ同好会代表世話人の佐々木忠夫氏の乾杯でスタートいたしました。 最初は仙台のヤマハ音楽教室JOCで活躍した菅野よう子作曲の復興支援ソング「花は咲く」を川村氏の歌唱指導のもとに全員で合唱しました。

 
  ♪花は咲く の歌唱指導(川村さん)      指導を受けて 全員で合唱


これを皮切りに酒を飲み交わしながら、また歓談しながら個人の持ち歌を1~2曲披露していただきました。 後半の1時間は全員で唄う「昭和歌謡・唱歌」で、一気に14曲合唱しました。 その曲名(歌手)とワンコメントは右の表のとおりです。

復興・絆をテーマに全員で大きな声を出して唄いました。 あっという間の3時間、次回も是非という声とともに終了いたしました。
                                  三浦正光(記)

 


  
  始めに全員で黙祷

  
  乾杯の発声は佐々木代表世話人

全員で唄った「昭和歌謡・唱歌」の14曲
 学生時代
 ペギー葉山
入社前の数年間の想い出として 
 修学旅行
 舟木一夫
御三家の一人の懐かしい高校時代の1曲 
 旅人よ
 加山雄三
我らが永遠の若大将の歌
 ブルーシャトウ
 ブルーコメッツ
一世を風靡したGSの名曲 
 真っ赤な太陽
 美空ひばり
ジャンルを超えたひばりの名曲 
 若者たち   ザ・ブロードサイドフォー 今も若いけど、当時はまだまだ若かった
 月月火水木金金
 軍歌
休みなく必死で働いた現役時代
 勘太郎月夜唄
 小畑 実
古い歌から故日吉さんの愛唱歌 
 丘を越えて
 藤山一郎
懐メロから1曲、さわやかな歌声で
 長崎は今日も雨だった
 クールファイブ
ご当地ソングからのヒット曲  
 恋の町札幌
 石原裕次郎
ご当地ソングから支部交流をしている札幌テーマの曲
 北国の春
 千 昌夫
この東北にもあと少しで春が来ます 
 月の砂漠
おぼろ月夜
 文部省唱歌から
どちらも歌ったのは小学校の頃だった? 

   
  ◆ 参加者個人の持ち歌
 
    
  佐々木(忠)さん「霧の中の少女」     猪股さん「ダスティホフマンになれなかったよ」  渋谷さん「津軽平野」   
 
    
  岡田さん「ラバウル小唄」           川村さん「山の吊橋」             倉田さん「道頓堀人情」  
 
    
  三浦(正)さん「おもいで岬」          木村さん「木曽路の女」            佐々木(奎)さん「夜明けの歌」
 
    
  小澤さん「星影のワルツ」           後藤さん「ああ上野駅」            杉下さん 三浦(忠)さん「古い顔」 
 
  
   後半の昭和歌謡・唱歌では全員で合唱しました。



    
    オーナーの畑中さん(左)
      素敵な会場を提供して戴き
      ありがとうございました



  合唱曲の♪花は咲く は
   
  この鍵盤マークを
   クリックすると
     ピアノ演奏の楽譜サンプルと
     演奏動画の視聴ができます
    
       

  
全国各地より花のたよりが寄せられる季節になりましたが 
   
花は咲く は震災復興を祈る歌唱曲です
  
             
  首都圏に住む会員の「東北復興を祈る声」も
                          桜とともに北上します
 

 

東京は先週末に桜が満開、東北支部の皆さんが♪花は咲く を歌われた3/16は、靖国神社の標本木に5~6輪の花が開いて、東京は例年より10日も早く桜の開花宣言がありました
この日は東北新幹線のダイヤ改正とも重なり、秋田行き「スーパーこまち」 鮮やかな茜色の新型車両も登場しました
これから4月にかけて桜前線の北上に伴い、東北地方に復興・絆の活力が拡がっていくことを期待します

今回のカラオケ選曲では、吉幾三・新沼謙治・千昌夫ほか東北出身の歌い手さんが歌った曲も多く並び、まさに「復興と絆パーティ」のタイトルに相応しい東北支部の皆さんの優しさと強さを感じることができました
                   2013.3.25..編集:須田
 
 
 

 
 

東北支部便りに戻る